2015年03月21日

努力の言葉に含まれる本質とは?

努力・・・・ 日本人の好きな言葉の1つだと思う。 
この言葉の裏には実に様々な本質がうごめいている。 努力は報われる、流した汗は裏切らない。努力しないと何も始まらない。

努力という言葉を様々な角度から考察して行くと本当に面白い。 

脳科学者 中野信子氏の 「努力不要論」 この本にかかれているのは本題から想像すると一見誤解を招いてしまいそうだが、本の中身は実に科学的である。 

努力という言葉の裏に秘めている危険性と、努力とは戦略的に目的をもって実行しないと全く意味をなさないと科学的に証明してくれている。 

脳科学者が伝えてくれる真実は明確で実に面白い。 
フジテレビ ホンマでっかTVでお馴染みの澤口先生の回答も毎回本質を得ていて痛快である。 

無条件になんでも、がむしゃらにやる事は案外若い時に誰しも経験した事ではないであろうか? 
正しい本質的な努力の仕方は基本的に教えてくれるものではない。 
部活や受験などもとにかくやれ! 寝る間を惜しんでがむしゃらに。。。 
努力のイメージが出来上がりすぎていてその努力をしないと自分もいけないんじゃないか?と不安になる。 

中野先生はそれこそが最大の落とし穴であると指摘する。 努力すればするほどダメになるというかスポイルされやすくなるとの事だ。 

努力とは?の本質をついた実に科学的で面白い一冊である。


posted by イトウ ヒロ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

情報の発信とは?

情報を発信するか? 情報を受取るだけか? 

この2つのテーマについて考察していこう。
情報革命創世記の現在は情報の受け方捉え方が本当に変化してきた。 

そもそも情報とは一部の特権を持った人のみが手に出来る最大の武器であった。
戦国の英雄 織田信長も正に情報の鬼であった。敵の情報をつぶさに手にしスパイを徹底して敵に送り込み、そして情報戦で相手を混乱させる。

情報を持つか持たないかでここまで違いが発生する。 

情報は命である。 
現在は自らも情報発信という武器を手に出来る。 それもいとも簡単に。
この凄さ可能性、危険性を常に理解していかなければならない。

情報革命創世記に生きている我々は未来に何を示していくべきか? 
正しい情報の捉え方とフラットな価値観を武器に情報を判断出来る訓練をしていく必要がある。 

現在はその境界線があまりにもあいまいで、混乱してないだろうか? 
一部に人のために本当の情報がとんどん歪んで届いてきていないだろうか? 
そもそも一方的に与えられた情報だけでいいのだろうか? 

情報が簡単に入手出来る裏には必ず危険も潜んでいるという事を理解して、情報を選んでいく必要があると思う。 

情報を発信して行く方も簡単に情報発信出来る事に強い覚悟と責任を持って発信していくべだと思う。  

posted by イトウ ヒロ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

良質な番組

いつやるの今でしょ!?
のフレーズで有名になった林修先生の痛快生き様大辞典という番組が近年稀にみる良質な番組であった。終了してしまうのが実に惜しい。 

番組内で取り上げてる偉人達の言葉が実に深くて勉強になった。 
林先生の独自の解釈が実に論理的で解りやすく、現代文の講師ならではの視点で正に痛快であった。 

その中でもソフトバンクグループ 社長 孫正義氏の回が実に痛快だった。
孫正義氏関係の書物を沢山購入し今も毎日読んでいる。 

孫社長の経営学というか、人生の指針が「孫の二乗の兵法」である。
孫社長の真髄の全てがこの兵法の中に詰ってる。 

この番組で孫社長の強烈な生き方に触れる事がなかったら、この兵法も一生分からなかったかもしれない。

昨今のTV番組はどうしても視聴率偏重主義になってしまい、本当に楽しい番組なんて作る事自体非常に難しい状態である。

私の感覚なので賛否両論ではあるが、ルールが厳しくなったとはいえ、明らかに私が子供の頃のほうがTVは楽しかった。 逆に広告も関係ないNHKが実に今注目している番組が沢山ある。 

これも時代の流れなのなのだろう? TVはインターネットに飲み込まれてしまうのか? 

否。 TVとインターネットは共に新たな可能性に賭けて成長していくべきである。
 
posted by イトウ ヒロ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

進化の果てに

人類の進化の過程で見逃してはいけない革命が3つあるという。

1つは農業革命。 狩猟や自然にある物を食すしかなかった人間にとって計画的に食料が確保出来るようになったのは大いなる進歩であった。 

2つ目に産業革命。 鉄鋼や石炭、資源を元に人類は様々なモノを量産してきた。今日の進化は様々なモノ作りの賜物である。

最後の革命は情報革命。 インターネットの登場である。 世界中の人と人とが繋がる事が出来るようになった。コンピューターの進化で人類の日常は劇的に快適に便利になった。 

進化のみ述べてきたが、昨今の諸問題について様々な角度で考察すると非常に興味深い。
便利過ぎる落とし穴に人類はもう陥ってるのかもしれない。 

1つには創造力の欠如である。若い世代にこの危機的状態が広がっている。
何でも揃った現代では、何もしなくても毎日普通に生きる事が出来てしまう。
有り難い事ではあるが脳の進化の側面で見ると果たして人類はインターネットの進化に追いついているのであろうか?

情報革命時代に本当についていけてるのであろうか? 
便利過ぎる生活の現代に生きてる人類の大いなるテーマである。 

仮説ではあるが、マイクロチップの性能は2018年を期にいよいよ人間の脳を超えるようだ。 

どんな未来が待っているのか? 人類は大きな大きな時代の節目を今間近に目撃しようとしている。 
 
posted by イトウ ヒロ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

2015 F1世界選手権開幕

今月は待ちに待ったF1の開幕だ。初戦の観戦を終わっての感想。 テクノロジーの進化に脱帽である。 
メルセデスGPが本当に強い。 PUの優位性だけでなく、トータルで本当に速い。 ストレートの最高速度は10位以下という。
それだけ空力が抜群を意味する。

レースは本当にトータルバランスで決まる。 ストレートでどんなに速くてもコーナーで速くなければ何も意味がない。 レースの本質である。

F1も長い事観戦してると色々思う事がある。 去年まで速かったチームが一気に失速する事もあるし、逆もある。テクノロジーだけじゃない。 全ての要素が揃わないとレースに出れもしない。 

ドライバーは上手い、速いでけではF1に出場すら出来ない。 莫大な資金が必要だ。大企業、国営企業レベルのバックアップがないといけない。

その強烈な弱肉強食の世界にホンダが帰ってきて本当に嬉しい。 
結果は最下位だったがそれでも価値がある。 

走ってる電気と熱エネルギーを回生する未来のエンジンに対しての挑戦である。 

現段階の内燃機関のエンジンは、ほぼ頭うちである。 

F1テクノロジーの挑戦は日本のモノ作りの挑戦である。 とにかくこの挑戦から逃げてはいけない。  

横綱 白鵬は新弟子の頃、あまりにも軽量すぎてもらう部屋も親方もいなかったらしい。 それが今や史上最強の横綱である。 
努力といえば言葉はいいが、諦めない・とにかく諦めない。 白鵬から学ぶ大きなテーマである。
posted by イトウ ヒロ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。