2015年03月26日

ウエアラブル元年

ウエアラブル端末がいよいよ本格的に普及体制に入った。 
2015年はウエアラブル元年と言われている。何といってもアップルウォッチの発売である。 

先日、NHKの番組でスポーツの世界でウエアラブル端末を導入して成果をあげているチームもあるそうだ。 今までは精神論、根性論でしか語れなかった世界が数値化して、後どれくらい頑張れば良いまたは、これ以上すると怪我する可能性があるから練習を中止など様々な使い方が出来る。 

テクノロジーの進歩に脱帽である。 ウエアラブル端末の真価は一人暮らしの老人とか田舎で暮らす親御さんなどで使用出来るのではないかと思う。 

端末で心拍数や歩数やカロリーなどクラウドで管理できれば、孤独死や突然の傷病なども回避出来る可能性が十分にあると思う。 

大震災が発生する前に一斉で避難指示を出したり、端末同士が距離を計算して事故を防ぐセンサーとして警告したり。 

可能性は無限である。 それにともなってプライバシー問題も様々な角度で議論は必要ではあるが。 

スマホ タブレット PC クラウドサービス ウエアラブル ロボット これらが緊密に連携して様々な角度で生活の一部として機能していく世の中はすぐ目の前だ。 

楽しみで仕方ないが、それらを簡単に使いこなせる教育とサービスも忘れてはいけないと思う。  


posted by イトウ ヒロ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

格闘技の近年

格闘技イベントがテレビから少なくなった。 
現在はボクシングと深夜のプロレスぐらいしかない。 
PPVでお金を払って見るシステムでもいいのだが格闘技好きとしては地上波で視聴したいものだ。 

先日、数年前のK−1を視聴する機会があり、久しぶりにキックボクシングの試合を視聴したのだがやはり面白い。 

ボクシングも好きではあるが、キックの距離感がいい。 ローキックでコツコツと相手を削っていくのが派手さはないが徐々に効いてきて段々動けなくなる。 
ボクシングのボディのダウンとも違う。その職人的、技の出し方が好きであった。  

空手、キックボクシング、ムエタイの世界的なイベントとして認知されていたK−1だけに規模が縮小したのは本当に残念である。 

一時期はK−1 プライド MMAの大会など沢山あったがどれも無くなってしまったがその時期にピンチにあったプロレスが今徐々に盛り上がってきている。 

格闘技のイベントで東京ドームをきっちり満員にするのは素晴らしい事である。 

現在の新日本プロレスはエンターテイメントの要素から昔ながらのストロングスタイルもきっちり受け継いでいて1.4東京ドーム大会などは見応え十分である。  

世界対日本の構図もまだまだ可能性十分でこれからの格闘イベントに益々期待している。
posted by イトウ ヒロ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

マッサンから学ぶジャパンパワー

今週いよいよ、連続TV小説 マッサン が終了する。 本当に良質な番組であった。
 
一人の起業家の話だけではない。 昭和時代の強い日本のパワーを沢山垣間見る事が出来た。日本のウィスキー誕生までの物語を中心に戦争や様々な人間模様を描いてくれた。 

仕事の都合毎日は視聴出来ないが録画で見ていつも涙が出てしまう。 

余市町をウィスキーの里にする。 命の水を作る。 

創業者の高い志しが周りの人々までも変えていく。 
ウィスキーにかけた人生が、町1つを救ったのだ。 戦時中もウィスキー工場だから空爆を間逃れた逸話もあった。 

一人の人間の力は小さいかもしれない。 だが、志しを共に行動をするととんでもない力が生まれる。 

マッサンを見て改めて学んだ事である。日本の力は世界に誇れる力なのだ。 

そのジャパンパワーを忘れていないだろうか? 世界に誇れる先人達が築いた日本をもっともっと素晴らしい日本にする使命が今を生きている我々にある。 

雇用をもっともっと創造していかなければならない。 60歳定年も私は大反対である。 
現在の医療技術があれば、60歳はまだまだ生産年齢である。60歳や65歳前後で引退するのは実に惜しい。 

女性の力と同様に年配者の力も十分に力であると私は思う。 

ジャパンパワーの真価はこれからだ。
posted by イトウ ヒロ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

職人さんは日本の宝

私は仕事柄、内装や電気、建築関係の職人の方々と一緒に仕事をする機会がある。
いつも工事の進捗状況を見ながら思う事は、どの業界の方々も簡素な図面を見ながらどんどん工事が進んで行く様は圧巻である。

職人の世界は本当に凄い。 

何万時間と様々な仕事をこなし、言葉では表す事が出来ない世界を創造力で理解していく。 
師匠の技を自らの感覚で掴んでいく。 

日本の宝である。 

最近は長く続いたデフレによりモノ作りや職人の仕事がどうしても不足だ。 
この状態は危機的状態ではないかと思う。 

簡単に海外の労働者をいれて賄えばいいなんて人がいるが絶対に無理だと思う。 
言葉では伝わらない世界を価値観や文化が違う方々と一緒にこなしていくのは無理がある。 

東京オリンピックが決まり様々な経済効果があるが、電気関係、内装関係の職人がかなり不足しているとの事だ。 
日当もかなりの手当があるのに不足しているという。 

3Kと言われる業界や肉体労働をする人々が減ってきているのが顕著である。 
楽で安定の仕事を好むというのが最近の傾向のようだ。 

デフレの影響は様々な所で日本の未来に影を及ぼしている。 一番怖いのはデフレマインドの蔓延である。 
デフレマインドの蔓延を何としても食い止めていかなかればならない。 
ラベル: 職人 デフレ
posted by イトウ ヒロ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

ジャパンパワーに期待

テレビ朝日 アメトーク 広島カープ芸人 という番組が抜群に面白かった。 
広島カープ 黒田投手のヒストリーが感動的で大変勉強になった。 
前年の年収がとんでもない額なので、今年の年俸が4億らしいが、税金だけで9億ほどの納税になるらしい。 

正に男気という言葉にピッタリだ。 

プロ野球はじめ、地方のプロスポーツは経済効果並びに多大な効果がある。 
2013年の楽天日本一の時の、仙台市などの盛り上がりは今も鮮明に覚えている。 

田中投手が最後の9回に登板した時の あとひとつだけ の会場全体の大合唱は近年稀にみる大感動であった。 

スポーツの力に改めて脱帽である。 

私はスポーツに関しては基本的に地上波で放送する有名スポーツ等はだいたい視聴する。
オリンピック、ワールドカップ等がある年は楽しみで仕方ない。

ジャパンパワーの可能性を私は信じている。 もっともっとスポーツの重要性と可能性に
お国も予算をさいてほしい。 

サッカーなどは特に様々な政策でいい人材をどんどんヨーロッパに留学させてどんどんチャンスを掴むべきだ。  

サッカーワールドカップの敗戦、アジアカップの敗戦は危機的状況だと私は思う。 
ただの敗戦ではない。 世界戦略の根本から見直してまたチャレンジするしかない。 

ジャパンパワーの未来に期待である。  
posted by イトウ ヒロ at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。